© 2019 by KIMIHIRO YASAKA

PROFILE

長崎県佐世保市出身。カナダ・モントリオールを拠点に活動している新進気鋭のピアニスト。12歳から本格的なピアノの指導を水谷玲子氏に受ける。長崎大学入学後、カナダの名門マギル大学に編入、ピアノ科で学部と院共に橋本京子教授に師事。在学中、「若く優れたピアニスト」とニューブランスウィックでのソロリサイタルの際、誌で報じられた。優秀な成績が認められ、ジェフリーキャンベル奨学金, ルブカコレッサアワード、エレンバロン奨学金、そしてヤマハカナダ奨学金を受賞。2014 年、イタリアで行われた IBLA GRAND PRIZE にて入賞。

日本や北米のマスタークラスやフェスティバルに多数参加。ギルバート・カリッシュ、ラン・ラン、アンドレ・ラプラント、ロバート・シルバーマン、アラン・バイス、アンドレアス・ハエフリガー、アランフレーザー、フリデリック・チュー、フィリップ・モル、マキシム・ベンゲロフ、ホカン・ハルデンベルガーなどに指導を受ける。

 

これまでに日本、カナダ、アメリカ、イタリアそしてスコットランドで演奏しており、バロックから近現代まで幅広くレパートリーがあるが、特に近現代の曲に力を入れている。これまで数々の初演をした。演奏は国営ラジオカナダなどに取り上げられている。近年ではゲストアーティストとして ISME World Conference、Chosen Vale, Arkas, Acces Asie などのフェスティバルや名古屋音楽大学、愛知県立芸術大学などの教育機関、並びにカナダ政府、日本総領事館などの行政機関にも招待されている。

 

近年ではレコーディングアーティストとしても活動しており、CALQ の後援により邦人作曲家をフィーチャーした CD、「和のかたち」を日本アコースティックレコードより発売。 レコード芸術では準特選盤として好評を博す。2016 年、グラミー賞受賞暦のあるサウンドエンジニア Richard King のプロジェクトの一環でレコーディングを行い、Focal Press/Routledge から出版されている”Orchestra Recording and Other classical music ensembles.”にショパンの Op.9 No.2 が使われている。

 

Odradek Records Artist およびに ISME (International Society for Music Education )会員。

2019‐20年のモントリオールアーツ・カウンシルの助成により、ツアーをモントリオール各所で開催予定。